進級お祝い会

進級お祝い会
毎年4月29日に、クラブの子どもたちの幼稚園入園、小中高校入学、大学進学、就職をお祝いする会を行っています。
今年も90名近い参加者で子どもたちの門出をお祝いしました。
スタートしたのは11年前。中学生になると部活などで地域活動から離れる子が多く、小学生といっしょの活動をしていると、「まだやっているんだ」と、どうとらえたらいいのかわからないような声が友だちからかかったり、「遊んでいるよりも勉強がだいじでしょ」と言われるような「空気感」の中で、小学校卒業までがんばってきた子たちが中学になって新しい挑戦をはじめてもそれまでの「生き方」をなんらかの形で「つなげて」ほしいという思いからはじめた会です。
そのときから、毎年、撮りためた写真で綴りながらのビデオメッセージを子ども・親たちに贈っています。
今年、中学生になったのは10名、つなげてきたのは7名でした。
1万枚近い写真の中から、彼らの素顔を追いながらギリギリつくりあげたビデオ。
低学年の子のお父さんから、「こんなふうに育っていくんだと、我が子のこれからを感じられました」という感想を。
小5の子どもからは、「自分たちのときもすごっく期待しているからね!」と。
いつまで続けられるかは未知数だけど、子どもたちに、「つなげること。つなぐこと」の意味をこれからも問いかけ続けたいと思う。
写真は、お祝い会を準備する子どもたち。